2年目の自分と成長と課題@小川山

ジム友のH山さん、カムを1セット買ったというので、じゃあどこか行きましょうか、ということになりました。
どこに行けばいいんでしょう。

小川山 親指岩

私が辿り着ける岩で、ジャミングの練習ができて、トップロープを張ってあげられるルート、、
いろいろ考えたけど、やっぱり小川山レイバックに行きました。混むわけですね、、
4人待ちだったけど、可愛らしいカップルとおしゃべりしつつ、ジャミングの基本とカムのセットの仕方を説明。

トップロープでは外岩クラックの経験があるとのことで、全く怖がらない。
1便目はTR、2便目はカムセットしながらTR、3本目でリード、RP。
想定通り。H山さんはジャミングの感覚がわかれば落ちないんだなあとしみじみ。怖くないのかしら。
最後のカムセット、効きをチェックしないでクリップしてリップに駆けあがっていました。
あぶないよーー(*_*)

2017/09/09-10 小川山&瑞牆

小川山 妹岩

H山さんのRPが1時過ぎだったので、自分のクライミングをしようと、妹岩に行きました。
ジャク豆をやろうと思って。
転戦するのはあまり経験がなく、岩場に来ただけでへとへとです。

左上するクラックは初めてだ、と思いました。
なんだか薄暗くて、湿気っぽくて、見上げてもイメージが固まらない。
ここまで来て、疲れているからと止めたほうがいいのか悩みつつ、順番を待ち、後にも誰か控えている状況で、とても中途半端な気持ちでスタートしてしまった。

そういう気持ちで取りついても、身体は動いていかない。
2便出して、2回とも大フォール。盛大に擦りむきました。
ヘルメット被ってて良かったなあ。雨も降ってきて、体力ぎりぎりのエイドダウンでした。
反省しきりです。

瑞牆 リアス式エリア

2日目は、一年半ぶりの宿題をやっつけに、地獄エリアの上にある、ジャイアントジャムサンドをやりに行きました。
瑞牆本を片手にぜーはー、10歩歩いては立ち止まる有り様で、辿り着くのに二時間近くかかってしまい、またも歩荷の練習したら、と言われた。
いや、今日はちょっと調子が悪いのです、、

ジャイアントジャムサンドは、初めてリードして、とても怖かったルートです。
2セット持って登っていくと、苦しいながらも身体は動き、RPすることができました。
ああ、良かった。

H山さんはトップロープで慎重にムーブを作ると、次の便ではいきなりリードで、RPしてしまった。
鮮やかすぎて、自分のカムにテンションかける機会がなかった(笑)
そこが最初のヤマですね。。自分のカムセットなんて信じられなかったです。
どう取り組むかは自分次第。

やりたいルートは他にもあったけど、混んでいたり、具合が悪くて草葉の陰に駆け込んだり、今日はもう無理。これでおしまい。
お疲れ様でした~。

去年、始めたばかりの頃、周りの人にお願いして岩場に連れていってもらうばかりでした。
ようやく自分も、一歩進んだと思う一方、安全管理や技術は課題だらけだと思いました。
また、頑張ろうっと。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status