2018年を振り返って

2018年を振り返って

余命宣告された家族と暮らす中で、
この選択で良かったのか
悩む日々が繰り返し訪れた一年でした。

仕事は忙しかったし
クライミングは諦めてしまった。
やることは山のようにあって
たまに友人と一緒にご飯を食べにいくのが楽しみだった。
運転はなかなか上達せず
踏み間違えてフェンスに突っ込みJAFのお世話になったり
文句ばかり言いながら沢山笑いもして
とりあえず家族優先の毎日。

全部終わって
毎日お骨に話しかけずにいられなかった母も、
今は普通に生活を楽しんでいます。
忘れることで 日々は穏やかになっていく。

言えなかったこと、言いたかったことが
今年も沢山ありました。
自分も歳をとったと思う。

伝えておけば良かったと
悲しい気持ちで上を見上げることがないように
私の言葉でしか伝えられない私の願いに近づけるように
来年も頑張ろうと思います。

四十九日が終わって一区切り。とりあえず生活にジム練が戻ってきました。
FIVE-TENの安売りに乗じて久々に靴を新調したらとても登りやすいのです。調子に乗って外岩に行ったらいきなり怖い目に遭い、こてんぱんにされました。
一度降りてしまった心のリハビリは、相当かかりそう、、気長にやっていきます。

昨日、池袋に用事があって、寒いのでサンシャイン60の中を通ったのですが
吹き抜け広場を眺めていたら、ふと思い出した。

もうずっと昔、学校の友達とたまたま訪れたその日、この広場に仮設ウォールを建ててクライミングの大会がありました。競技前のイベントの一環として、希望者にトップロープ体験させてくれた。
クライミングって何?初めて見た。じゃんけんに負けたほうが登ってこようという話になり、まんまと負けて、、
スニーカーのままハーネスを着け、落ちたら終わり。当然半分も登れず、でも忘れられず、運動なんか何一つできない私が一人でジムに行くようになったのがクライミングの始まり。
山は素人のまま、方向音痴で未だに一人で岩場に辿り着けず、クライミングより歩荷訓練しろと言われ続け、、ほんと、なんで続けているのでしょう(笑)

5.8のクラック、10台のフェイスですら怖くて登れなくなった私を岩場に誘ってくださった皆さん、ジムで一緒に登ってくださった皆さん、ありがとうございました。
今年は、近場のジムまで運転出来るようになりました。
来年こそは、ギアとシュラフを積んで、自分の車で岩場に行ってみたいです。
パートナーもいないし、まだ高速にも乗れないので、駄目かもしれない。。だけど、新しい年、どこかで見かけたら、お気軽にお声がけくださいませ。

皆さん、どうか良いお年を、良い夜を。
今日も、良い1日を。

ノートカテゴリの最新記事

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status