石田登山塾のクラックリード講習を受けてみました

カムセットを誰かに見てもらったほうがいいなと思い、いくつか調べると 丁度近日の湯川講習があったので、
平日カードを切って行ってきました。

石田登山塾クラックリード講習です。講習生は3人でした。
先日久々に会ったKのさんも一緒に参加。
Kのさんがクラックを登っていたときは、やろうなんて考えもしなかったなあ。

当日は雪が舞うほどの寒さで、正直集中しきれなかったところがあり、反省するばかりですが
カムセットについては勉強になるところが沢山ありました。

比較的パラレルで、効いたな、とすんなり思ったセットは合格
ちょっと、、、?と決めなおしたり、迷ったセットは全部不合格
見て、効いていますかと聞かれても判断できない
という具合。

良い、悪いの感覚は、おおむねずれていない感じがしました。
今後はその上に、より良いセットを習得していけばよいのかな、と。

小さいカムを浅く決めがちだったので、湯川は特にもっと深く、岩の形状を形状を活かして上下からスライドさせて奥にセットする方法などを教わりました。
今までのやりかたで自分のカムにスリングをセットして、それを全荷重で踏んだら、、抜けました、、だめだこりゃ。

実際に登る練習では、生徒が登り、先生が登ってカムをチェックなりもっと良い位置に見本をセット、生徒が確認で登る、という流れのようでした。
草餅、というルートをやりましたが、いつもはフルセット持っていくのだけど、この短さならやりくりも必要、みたいな話が出たので減らして持っていたら適正サイズが足りず、下から回収というひらめきもなく、全部大きすぎ、小さすぎなセットで終わってしまった。
マルチをやりたいなら戦略も必要。うーん、難しい。

登るのが遅かったのか、自分がトップロープのカムセットをやったところでかなり暗くなってしまいました。
もっと良い場所に決められたはずです。
先生に指摘されたのですが、残念なことに、先生のチェックは回収便となってしまいました。
批評の結果を目で確認したかったなあ。

この日の講習は丸一日で5.8をトップロープで二本でした。寒かったです。
久しぶりの寒いクライミングでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status