晩秋の小川山、兄岩でマガジン、Sanday

晩秋の小川山、兄岩でマガジン、Sanday

ダブルM本ペアが「素敵」「素敵」と絶賛しているじゅんさん。
つぶやきつながりの縁で、快晴の土曜日、一日ご一緒させていただくことができました。

http://kwjunblog.blog69.fc2.com/blog-entry-1639.html

瑞牆に行きませんかとお誘いしたところ、もう寒いと思うので、小川山でマガジンなどはどうですか、と。
マガジン。7月の終わりに兄岩に行ったとき、取りつきの露出感とフィンガーということで、勇気の出なかった課題です。
「空飛ぶ冷蔵庫」こと懐かしのO野さんの課題なので、いつか触りたいと思っていました。
今なら、登れるかもしれません。

ぜひ。よろしくお願いします!

小川山の駐車場は一杯。兄岩へは一番乗りだったものの、すぐに団体さんがやってきました。
シーズンですね。

マガジンのテラスから見える金峰山荘
マガジンのテラスから見える金峰山荘

まずは金太郎5.8からアップ。
あれ?夏に金太郎って名前のルートを登ったような、、このルート、知らないです。
「それはたぶん八王子ルートの2P目ですね」
知りませんでした。トポ見たはずなのに。
というわけでオンサイトトライになります。

朝の日陰のクラック。めっちゃ冷たい。
割れ目が細い。
ぶるぶるしながら小さいカムを決め、邪魔な残置ナッツの処理に四苦八苦、、しながら、なんとか終了点へ。
アップになっていない気がします。。
じゅんさんは、残置ナッツもさくっと回収していました。

そろそろナッツも覚えないと。やることが沢山あります。。

もう一本くらいアップしたかったのですが、マガジンの場所を聞きにした来た団体さんがいたので、
先にトライすることにしました。
何を持っていこう?小さいサイズをじゅんさんにも借りて、なんちゃって2セットを作り、いざ出発。
出だしに大小2つ固め取りしておまじない。テラス下に、落ちませんように、、

フィンガージャムの練習は、イメトレしたけど(笑)実際は全く決まる気がしませんでした
豊富な足でごまかしながらフィンガーパートを抜けるも、カムのサイズが合わなくて片っ端から合わせてもだめ。
この状況って、玉切れ?

怖いのですぐ外足を捜す
怖いのですぐ外足を捜す

諦めて浅い所に小さなカムを決めて冷や汗をかきつつじりじり進み、なんとかトップアウト。
登れた。。良かった、落ちなくて。

じゅんさんにお願いして、フォロー回収してもらいつつ、カムをチェックしてもらいました。
うーん、ムーブが、美しいです。足ジャムがすっと決まっていきます。
あのくらいクラック登りが身に着いたらいいのにな。
トップロープでもう一回やりたい気もしたけど、待ちの人がいたので終了です。
セットも、そんなにひどいセットは無かったですよ、と言ってもらって一安心。
でも、もっと良い位置に決められるカムもあったようで、難しいと思いました。

もみじが混んでいるので一階に移動、しばらく待ったらSandayというルートが空いたのでやってみました。

これ、アプローチも恐ろしく、今日一番のチキン状態。
まず一段上がったところからスタート、なのですが、最初のカムをいれて、よいしょ、一歩上がったところで左手がひゅっとすっぽ抜け、

すたっと両足着地した
直後にへにゃへにゃ腰が抜けて座り込んでしまいました。び、びっくりした、、、、、、
あれ、これって、テンションかかってない、、けど、グランド?、、まあいいか。。

5.9なのですが、マガジンの3倍くらい恐ろしく感じました。
着地時の動悸が治まっていないので、ずっと胸が痛かった。
ハンドばち効き、と自分に言い聞かせながら登りました。足ジャムには少し広くて怖かった。
登れたときは、ホッとしました。

あともう一本、隣の八王子ルート1P目を、本当はやりたかった。
でも、団体さんが朝からずっと回していて、まだいます、あと3人、という感じで取りつくことはできませんでした。
ピクニクラでもどうですか?あ、ロープが足りないですね。。じゃあもみじをやりましょうか。
また二階に戻って、もみじをトライしました。

フェイスも全然やっていないから、ものすごく緊張しましたが、
ボルトが神に見える自分って新しいな、と思っておかしかった(笑)
これはなんとか、登れました。
続けてじゅんさんも。ボルダーも強いだけあって潔い足使いでした。
勉強になります。

急に寒くなってきたのでこれで終了です。
じゅんさん、一日お付き合いありがとうございました。

メットを置き忘れて取りに戻ったり、自分ひとり渡渉に手間取って右往左往している間に暗くなり、
M本さん達のいる駐車スペースに着いた頃には真っ暗になっていました。

吉田スクールつながりの人達にひょっこり混ざっている自分が不思議だったけど、
楽しいおしゃべりの時間でした。
じゅんさんの作ってくれたホットワインがとても美味しかったです。

空には流星群が近づいているはずだけど
市街の灯りで星はよく見えませんでした。

真っ暗なソロテントの中、懐かしい便りを繰り返し読み返しているうちに、ほんのり眠くなって、気づいたら寝ていました。

クライミングカテゴリの最新記事

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status