空梅雨の小川山で冬のいざないとクレイジージャム

薬剤性食道炎なるものにかかってご飯が思うように食べられず、ちょっとスタミナ切れのまま迎えた週末。
梅雨入りしたと言われながら雨の降らない週末も、これで最後かもしれません。
自分の雨漏りソロテントを持って小川山に突入しました。
雨が、降りませんように!

岩場に行く前に、オススメのパン屋さんを紹介してもらいました。

バックハウス インノ(Backhaus inno)
八ヶ岳南麓の小さなパン屋innoの 営業についてお知らせします! 住所:山梨県北杜市大泉町西井出字和田9177       ℡0551-47-3388

長坂ICで降りたことがないから知らなかった。もう見た目から美味しそうなパン屋さんなのです。
朝ごはんと明日のパン、かぼちゃのシフォンケーキを頬張ったらあまりの美味しさに感動して、その場でもう一つ買い足しに行ったほどでした。
バゲットとおやつのラスクも買って、もう一日中パンでいいです私。また行きたい。

藐姑射岩 冬のいざない2ピッチ目

テントを張って、土曜日は藐姑射岩に行きました。
当初は湯川の成果に気持ちが舞い上がって、憧れのアレを触りにいきたいなと思っていたのですが、3週間空いたら正気に戻りました(笑)。
身の丈に合った課題にまずはチャレンジ。

藐姑射岩には、冬のいざないというルートがあるそうです。
去年知り合いのSNSで2ピッチ目の写真を見て、楽しそう、触ってみたかったのです。

汗だくになりながら岩場に到着、他に1組いるだけの静かな岩場でした。
冬のいざないはマルチになっているということでしたが、1Pは既に先行の方がトライされていたので、いきなり2P目をやることにしました。
さあ、とロープを広げて、あ、靴を忘れてきた、取ってきますと荷物のある1ピッチ目の取りつきに降りて、素早く戻る、、はずが戻れなかった。
あれ?どこから来たんだっけ?

行ったり来たり、明らかに登りすぎて3ピッチ目まで行ってしまい、これはないなと戻りかけた瞬間足が滑って1mくらい滑り落ち、心臓がばくばくになった。
下が落ち葉で良かった、念入りに払って、もう一度下っていくうち、ようやくルートの取りつきを発見しました。良かった。。
5分もかからない道を、30分以上うろうろしていたようです。
素知らぬ顔で準備していると「転んだの?」何故わかるんだとびっくり振り返ると、
「背中真っ黒(ぷ)」
ぬかった、、、

思ったより短い、白く眩しいクラックを見上げて、
なんだか足が棒になった感じのまま、2セット持って、行ってきます!

冬のいざない 2ピッチ目

3本のクラックを左に移りながら登って行くのですが、最後のクラックへの一手が遠くてフォール。
何度やってもフォール。
右手を胸までロックして左手を伸ばすも、伸びきろうとした瞬間に足がすっぽ抜けるの繰り返し。あと5cm足りない感じです。
しつこく何度も何度もやったらようやく上がれたものの、そこからまたバランスが悪くて動けなくて、とにかくメタメタな登りでようやくトップアウト。
どこまで足を上げれば届くのか、なんとなくわかりました。
腕がぱんぱんです。

休憩に戻ったら、もう一組の方達も丁度お昼ごはんでした。
皆さんのお話がとにかく面白くて、笑いが止まりません。
ここでもヘルメットの話題が出て、やはり最近は被るようになったとか。
私もすっかり抵抗がなくなりました。
ご飯を食べて、休憩して、もうひと頑張り。

2ピッチ目のテラスは風が抜けて少し寒いです。
眩しかった太陽も動いて、岩がよく見えました。
カムはもう決まっているので軽い、記憶に重ねて手足が動いて、思い切り立ち上がったら届いた。
冬のいざない2ピッチ目、登れました。

クールダウンに何かやろうかと思ったけれど、腕の張りが全く回復せず、本日は店じまいです。
帰りがてら、岩を見に行きましょうということで移動しました。
こっちに行くと砦岩、これがローリングストーンの岩、最後にみんながいる、イムジン河。

左足がどんどん重くなるので、荷物をデポして空身で行きました。
2便しか出していないのに足が動かない。ゆっくり歩いて汗だくで見上げた先に、びっくりするほど綺麗な壁がありました。
海外の雑誌の表紙にもなったのだと教えてもらいました。
じゅんさんペア、SJさんペアがいて、SJさんがTRでムーブ探りをしているのをずっと見ていました。
今日登った自分のルートが、小さく小さく感じた。
ああ、私も触ってみたいな。いつ届くのかなあ。

夜はSJさん、ロジャーさん達も一緒にのんびりご飯を食べて、どんどん酔っぱらっていくお二人の漫才みたいな会話に涙が出るほど笑い転げて、楽しい夜でした。

明日は何をやろう。
一人テントで目覚ましをセット、しようとしているうちに寝てしまったみたいです。

親指岩 クレイジージャム

翌日起きたら、ものすごく身体が重かった。二便しか出してないのに。

今日はどこに行こう、いろいろ考えて、クレイジージャムに行きました。
私、小川山レイバックは登ったことがあるけれど、裏に回ったことがないのです。
アプローチの時点でずっしり重たい足を引きずるように到着すると、とてもきれいなクラックでした。
登りたいな。登れるかな。

まずはアップで小川山レイバックを登ったのですが、なんだか緊張しすぎて青キャメを置いてきてしまい、上でギアが足りなくなってクライムダウン、投げてもらってまた登り、、みたいな間抜けをやらかし、倍も登ったような気がします。
なぜだろう、どきどきしっぱなしです。手がじっとりします。

本気のラインをトライするグループで岩場は賑やかだけど、クレイジージャムには誰もいませんでした。
スモールカムを少し減らした2セット、これで足りるのかな、と思うくらい長い。
どきどきが止まらないので諦めて、ロープを結んで、メットをかぶって、行ってきます!

思ったより手が広くて怖い。カムの間隔も思ったより足下に決めないと足りなくて怖い。真ん中も広くて快適ハンドじゃない、、
核心のワイドに入り、じりじり堪えるものの、メットが引っかかってうまく動けない。
あそこにフィストが決まりそう、なんだけど、と思ったところで外足をスカしてフォール。
ああ、オンサイトならずです。
そこからなかなか上がれず、ああしてこうして必死にムーブを作り、なんとかトップアウトしたものの、微妙にブランクセクションが残りました。

のんびりご飯を食べて休憩して、2便目のトライ。
悩んだ末、ヘルメットを外していきました。
下部をクリアして中間でレスト、気合を入れてOWに入り、フィストをとらえた、と思った瞬間にまた足が抜けてフォール。
私の足ではサイズ的にヒール&トゥが効きません。どうしたらいいのかしら。

とりあえず回収して降りようとしたら真ん中付近の青キャメがスタックしてしまいました。
メットをしていないので、かなりタイトに決めてしまったのです。
どうにも取れないので一度降りてナッツキーを持って登り返し、
必死につついていたらようやく取れた。
こんな人気ルートで残置するわけにはいきません。ああ良かった。
腕はもうパンパンです。

時間はまだあるけれど、冷たい風が吹いてきて、雨の予感がします。
3便目を出そうか出すまいか悩みつつお喋りしていたら一組の方が登りにいらっしゃいました。
雨敗退に備えてロープを抜いていなかったので、そのままトップロープで使っていただいたのですが、女性の方の登りが、それは綺麗だったのです。
素敵だなあ、やっぱりもう一便、頑張ろう。

絶対登ろう、と思ってトライしました。
腕も足も、重かった。
空気がひんやりして、岩の感触がなんだか急に滑りはじめました。
それでも少しは慣れた足遣いでOWを進み、ついに両手フィストが決まった、外のスタンスにひょいと乗り込めば、、、

突然両足すっぽ抜けました。

完全にぶら下がっちゃった。
でも両手フィストが効いていて落ちなかったのです。必死で握りこんで、何度も乗り込もうとじたばたしてまたすっぽ抜けて、もう渾身の力で固めて、ようやく乗りあがった、ああ、できた、と思って次の一手を出した瞬間、
左足が抜けてすぱーんとフォールしました。
頭が真っ白になってしまった。
残念でした。

もう上に抜ける力がなくて、エイドダウンです。
下にカムをセットして、メインロープをかけて、セルフをとる。
テンションをかけて確認したら、上のカムのロープを外して、ヌンチャクを外して回収、の繰り返しを8回。
間違えないように復唱しながらやっていたら、何を実況中継しているんだと笑われてしまった。
慣れないので時間がかかって、へとへとになったけど、なんとかできました。

登れませんでした。
でも、この人気課題にオンサイトで挑んで自分のペースで一日取り組めるなんて、なんていい日だったんだろう、充実した一日でした。
楽しかったなあ。。写真一枚撮るのも忘れていました。
へなちょこトライのビレイに長々お付き合いくださったTさん、本当にありがとうございました!

撤収して、車に戻ったら雨が降ってきました。
一日天気が持ってよかったです。

次は登りたいな。
でも、もう梅雨本番になりそうですね。

5件のコメント

  1. もうすぐクレージージャムも登れそうですね。
    ガンバです。
    あとパンやさんの情報もありがとう。食べてみたいなあ。

    1. REYさん、インノは本当に美味しいです。ピンクのフィリピンパブの建物のところを右折、だったかな。
      スマートには登れそうにないですが、日を選んで足掻けば登れるかも?とても面白かったです!

  2. > 長坂ICで降りたことがないから知らなかった。
    山梨から帰る時は清里通るよりこの道の方が運転が楽かなぁ。
    須玉IC~長坂ICは坂がきついから特に早く帰る必要がなければ須玉ICで降りちゃう。
    15年前は狭かった裏道(降りて2つ目のローソンの所を左折)は拡幅して走りやすくなったし時間もそんなに変わらないです。

    で、この道にはパン屋が何軒かあるみたいだけどこの記事のパン屋に行く路地の存在は知らなかった。
    勿論看板には全く気付かず(^^;

    1. セ~ネンさん、知りませんでした。
      なんでも有料道路が無料化されて走りやすくなったとか?
      ここのパン、美味しかったです。最近の中でピカイチ!奥様とぜひヽ( ̄▽ ̄)ノ

  3. > なんでも有料道路が無料化されて走りやすくなったとか?
    八ヶ岳高原大橋が10年くらい前に無料になった。
    でも有料の時と走りやすさは変わらないよ(^^;


    この道路で上下とも渋滞の経験無し。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status