平日の小川山@妹岩でカサブランカ

先日、ダブルM本さん達と夕飯を食べている時、足ジャムが決まってない、と指摘されました。
そうなんです。考えてみると、今まで登れた課題で足もジャムでないと登れない課題、、ひとつもありません。

足ジャムを練習するには、どんな課題をやったらいいですか?
猫好きMT本さんがすかさず「そりゃ、カサブランカでしょ」

小川山、妹岩のカサブランカ、10a。

まだ早いと思っていたけど、触ってみようか。
でも、あんな人気課題にどうやって取りつこう、、カムも、たぶん足りません。

チャンスは意外に早く訪れました。
往年の大先輩 KM谷さんの休みが8日からと聞き、有休をつけてキャンプ&クラックに誘いました。
天気が味方してくれるのは初日だけ。トライすることにしました。

平日の小川山は静かで、若い人を見かけません。
途渉点の雰囲気が変わっていて、諦めて靴をぬぎました。
植生保護のロープ沿いに上がって妹岩に着いたのは11時過ぎ。
岩場は数組で、みなクラック狙い。
ウッチーさんがいたのにはびっくりしました(笑)最近はソロなのだそうです。

アップをします、と、最も優しいグレードの愛情物語のオンサイトトライ。
すぐに、後悔しました。
やだ怖い。

フリクションの良い斜面に靴底を当てるのですが、震えて体重が乗せられません。
これで怖がってちゃ10aなんて触れませんよね、と独り言のようにビレイヤーに向かって喋りながら、ぶるぶる、カムを決めます。

習ったことを呟いてみる

地面から45度
パラレルな場所を捜して
押し込みセットはしない
大きい歯を良い面に当てて
全ての歯がきちんと当たって
スナップを効かせてテスティング
流れを考えて、スタックしそうなところ、動きそうなところではランナーを出す

毎回、おまじないのように唱えながらセットするけど
効いているのか全くわかりません。

それでも、段々慣れて怖さが取れて、終了点手前でかなり悩んだけれど、真下からいくことで解決して、無事OS。
こわかった、なあ。

KM谷さんの愛情物語のビレイをして、まだぶるぶるしながらパンを無理やり食べて、
カサブランカが空くのを後ろを向いて待ちました。

カサブランカ 5.10a
カサブランカ 5.10a

何を持っていこう。
小さいサイズ、多めに持った方がいいよと言われ、自分のに足して何番かもわからず借りてギアラックにセット。
行ってきます。

顕著なバンドまでは絶対にいこうと思ったら、怖くて怖くて、セットしたカムも信用できなくて
なんでここにいるんだろうと思いながら登っていました。
足ジャムを決めたら戻るのが難しい。吐きそう。

足の震えがとれたのは、綺麗なフレアセクションに入るあたりからで
その辺りになると何かが麻痺してしまって、登ることしか考えられなくなりました。
クラックの奥は少し濡れていて、壁からもやっとした熱気を感じます。
私が感覚でセットできるのは、まだ、せいぜい緑、赤、黄色くらいで、ましてや借りた小さいサイズは当ててみないとわかりません。
毎回2~3回当てては首を捻りの繰り返しでした。足が痛くなった。
本当に効いてないセットもあったと思う。

突然クラックが切れて
フレークになって
乗り込むというよりぶら下がるようにぎりぎりで右のクラックに移って
見上げたら 終了点があった。
うそ。

もう一つ、ラックに残っていたカムを気休めに決めて、乗越し。

登れました。

KM谷さんのためにトップロープの支点セットをして、降りました。

登れた喜びより、ただただ、怖かった。
KM谷さん、長時間のビレイ、ありがとうございました。

降りるには少し早い時間で、龍の子太郎をマルチする?とKM谷さん。
やりたい、私セカンドのビレイ練習しましたから、トップ行けます、昨日復習してきました!と、その辺の立木で手順を披露。
やや怪しいところ、手際の悪いところもありましたが、一応合格点をもらいました。
無理やりおやつを口に押し込んで、身体の回復を待ちます。

龍の子太郎は可愛い女性がリードにトライしていて、これも見ないようにしていたのですが、
「きゃー、落ちる、落ちる!」「がんばがんば、よく見て!」の切羽詰まった会話に思わず振り向いて「がんば!」と応援してしまい、
がっつり見ちゃった(笑)まあ、いいのです。
かなりのフォールをして、カムががっちり決まっていて、いい経験だなあと思った。
そのあともトップロープで一生懸命練習していました。

思ったより時間が押したので帰ろうとしたら、気を使ってわざわざロープを抜いてくださったので、1P目だけトライしました。
もう脳みそが疲れていて、何を思ったか1セットだけ持って行った。

めっちゃ後悔しました。
私は、笑われてもいっぱい持っていくくらいが身の丈なのです。
かなりずりずりのひどい登りで、やっとこ終了点の立木へ。
なんとか、FLできました。。こういう時に怪我をするんですよね。反省。

へなちょこトライのせいで、夕飯を作る頃には真っ暗になってしまいました。
焚き火奉行殿が珍しく苦戦しているのを眺めながら
火のそばで のんびり、ビールを飲みました。

少しは 上手になったかな。
誰かに言いたくなって、つぶやいて、寝ました。

翌日はガスと小雨の朝。
しかし身体よりもメンタルが完全に売り切れていて
追い討ちをかけるように、小川山の外女子トイレ入口扉ががたついて
出ようとしたら開かず15分くらい閉じこめられる羽目になった。。

もうすっかり元気なし。帰りましょう。
雨が止んで、もったいないけど。

キャンプ場にあったボルダーをノーマットで一時間くらい触って楽しんで
ボルダーはやっぱり楽しいなあと思った。
すぐ傍の木のうろに、可愛いきのこが生えていました。
キノコ先生、食べられるんですよね?

きのこ。
きのこ。

さよなら、小川山。
のんびり帰宅しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status