小川山で予期せぬプレゼント

ジャムセッションで知り合ったO原さんと、そのお仲間の栃木クラッカーズに混ぜていただいて、小川山に行きました。

借りた5、6番のカムを持参して、予期せぬプレゼント10aに行ってもらいました。
皆さん健脚すぎてついていけません、、

体調が悪かったこともあり、トップロープで触って満足したら、もう一便出していいですよと言われて心が動く。
いっぱい下げてリードでトライしました。

ギアが引っ掛かったり怖かったり、さっきと別課題のようで、核心で2回くらいもじもじ上がってはずり落ちて仕切り直しを繰り返し、もうダメ、、
え?
すごいガバがあるよ
これが予期プレ?

時間もかかり、いっぱいいっぱいでしたが、RPできました。
O原さん、栃木クラッカーズの皆さん、ありがとうございました!

あとで、予期せぬプレゼントはトンネルがあるからでしょ、と知り合いに言われたのですが、トンネルってどこにあったんだろう、、、
全く視界に入っていなかったような気がします。

皆さんはその後、笠間のピンキーを触っていました。
私は完全に売り切れて、うっつらしていました。

帰りにO原さんと話をして、パートナー捜しは上手い人でも大変なんだなあと思った。

山岳会に入っているでもなく、クラッカーの知り合いもいない私がクラックを好きになって、外岩でワイドを登れるようになったのは、あの小さくて風変わりな三鷹のジムのおかげだと思います。
クラック講習をやってくれた店長さん、はじめ、スタッフの皆さん、ありがとうございます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status