懐かしい岩場へ@有笠山フェアリーロック

懐かしい岩場へ@有笠山フェアリーロック

登ると言えば夕方ふらりとジムに行くだけが当たり前になってしまいましたが、今年初の外岩クライミングの機会に恵まれました。
場所に迷い、単発なら忘れていた宿題をやろうと関越方面へ。

有笠山、フェアリーロックに行きました。
イレブンを頑張っていた頃の宿題があります。
10年ぶり、いやそれ以上(笑)

山は新芽の気配もなく、寒々しい冬の光景でした。

でも強い日差しで背中は暖かい。見上げたらわくわくしました。
久しぶりに見た岩。一度来たはずなのです。
こんな岩、だったかなあ、、

宿題その1、パスファインダー11b/cにトライしました。
気分良く登りだした、のは最初だけ。

冬の岩って冷たい、、冷たい!
完全に忘れていました。
指先感覚が半分もいかないうちに麻痺して、え?私の指が無くなってる?握りきれずテンション。
各駅停車で手を擦って暖めながらなんとかムーブを作りました。
乾いているけど、登り通せる岩の温度ではありません。

焼き石使う?とパートナーさんに言われてまた思い出す。ありましたね、そういう技。
冷まさないとバッグに穴が開くよと言われて焼いた石をチョークボールの袋に入れてみた。
ホントだ。みるみる穴があいた(笑)

そんな焼き石パワーと少し暖まった岩のおかげでなんとか登れました。
指がヒリヒリです。

宿題その2は、夢見る頃を過ぎても11b。
下部の11aの被ったパートが全く越えられなかった記憶があります。今日はどうでしょう。

ホールドは、しっかりあるのだけど、傾斜がきついので持ち方を丁寧に考えないと動き出せない。
なのに頼りの指先感覚は冷たさで頼りない。思いきったムーブも出せずテンション。あれ?進歩していないかも(;゜∀゜)
ホールドはあるのです。冷たい岩を握っては落ちて、ようやく思いきったムーブを出せる体勢を見つけ、下部の11aの終了点まで到達。腕がパンパンです。
上部に待っていたのは激しいロープの重さで、どんどん腕が硬くなっていきます。ロープの流れをよくするために延長しようにもヌンチャクが足りない。

最終ピンと終了点は引けどもロープが出ず、恐ろしさと引き上げる動作で背中まで痛くなりました。
しかも降りてロープを引いてもびくともしない。パートナーさんがなんとか引き抜いてくださいました。

エリア左側の難しい壁は、終日ポタポタと染みだしがありました。
染みだしを避けてのパートナーさんのトライも「冷たくて持っていられない!」やっぱり今日は寒いんだ(笑)

ご飯を食べて休憩している間に歯の値が合わないほど冷えてしまいました。
次で登らないとだめかも。延長ヌンチャクを借りてトライしました。

2ヶ所延長しましたがロープはやはり重く、最終クリップのためにに全力で引き上げると保持している指が開いてしまった。
あと一手、という時に突然足が抜けてドカ落ち。完全に持久力不足です。
困った。そして今回も自力でロープを引き抜けない。

ムーブが出来たから登れるわけじゃないのがクライミングです。イレブンは厳しい。登れるかも。登れないかも。

太陽が稜線に隠れて、風が冷たくなってきました。
勇気を出して下部のパートもヌンチャク延長することにして、出してみました最終便。

朝より冷たい岩がヒリヒリの指に食い込んで痛かった。
最終クリップムーブも変えた。しっかりレストした。
それでも、少しのズレを持ち直せないくらい腕が張っていて、取れば終わりのホールドに数センチ足りませんでした。
パートナーさんがフォロー回収してくださいました。

車に戻ったのは17:30頃でしたが、薄明るく、陽が長くなっているのを感じました。
今年も1/4が過ぎようとしているのですね。

こんなに1日登ったのはいつぶりだろう。沢山トライできて楽しかったです。
また来る機会があるかしら。
パートナーさん、1日お付き合いありがとうございました。

クライミングカテゴリの最新記事

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status