伊藤みちよさんの「大人の定番服」からVネックプルオーバーとコクーンチュニックを縫いました

伊藤みちよさんの「大人の定番服」からVネックプルオーバーとコクーンチュニックを縫いました

Maymeこと伊藤みちよさんの新刊「大人の定番服」からVネックプルオーバーを作りました。

Maymeさんの本を買うのは2冊目です。
昔、思い切って職業用ミシンを買った年にMaymeさんの処女作「Maymeスタイルのソーイング」が出版され、パフワンピースやパンツを沢山作りました。

10年経っても、親が気に入って夏になると着ています。

この本は絶版ですが、最近、再編集のアンコール本が出ています。なかなか良いセレクトで、作品数も多いです。

MayMeスタイルのソーイング アンコール クローゼットの永久定番34アイテム! (Heart Warming Life Series)
伊藤みちよ
日本ヴォーグ社 (2019-01-28)
売り上げランキング: 257,850

久しく手に取ることのなかった著者ですが、今回の新刊は、コクーンチュニックとVネックプルオーバーの写真が良かったので衝動買いです。

May Meスタイル 大人の定番服 (Haer Warming Life Series)
伊藤みちよ
日本ヴォーグ社 (2019-09-19)
売り上げランキング: 11,533

まずはVネックプルオーバーから作ろう、型紙を広げたところで初めて気づいたのですが、袖続きデザインのセンター縫い合わせでした。しかも、どうみても大きいんです。
悩んで、袖を10cmm詰めました。さらに、深いVネックに悩んでラウンドネックに描き直し。
先日作ったボートネックプルオーバーの残り生地に収まるよう、センターは輪裁ちにして、丈を12cm詰めて縫い上げました。

Vネックがラウンドネックになったプルオーバー

145cmの母に着せたら本の着画イメージとあまり変わらぬサイズ感(笑)
襟を開けすぎてしまったけど、重ね着用に丁度良いと気に入ってくれたので進呈しました。

その次に作ったのはコクーンチュニック。
コクーン型は一度作ってみたいアイテムだったし、このパターンは脇線がひし形なのです。どうなるのかすごく気になって、、
先月の日暮里繊維街セールで斎藤商店を訪れたとき、見本のワンピースの生地で縫ってみたくなって購入しました。
ニットだけどテンションが低いので、直線ミシンでも縫えるはず。

ところで、ニットって、、水通ししないときいたけど、、
ためしに10cm四方の切れ端を水通ししたら、わー、結構縮みますね。。。

横方向に縮みます

縦方向はあまり縮まなそうなので、見頃丈だけ補正して、コクーンの折り返し位置を1.5cm上に平行移動しました。

あとは変更せず、作ってみました。
縫製は簡単になるように、ユニクロ式というか、筒にして端を折り返し始末するのでなく、折り返したパーツを組み立てるような流れになっています。
袖と裾は、普通に筒にしてから折り返しました。
図を読み取りきれなくて、肩の伸び止めテープを貼る位置に失敗してしまった。しかも見えないとはいえ、テープが白!
私、白しか持っていなかった、、

そんな失敗をしつつも数時間で出来上がりました。思った通り、縫いやすい生地でした。

コクーンチュニック


コクーンって可愛い形ですね。そして袖を補正しなかったのは久しぶりです。本当は七分袖なのかしら?
会社に着るにはグレーにすればよかったかも。自分つっはカモ柄ちっくなブルーが気に入っているけど、派手らしい。。
このパターン気に入りました。生地を変えてまた作りたいです。

ハンドメイドカテゴリの最新記事

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status