クラック一年生締めくくり:滑り込みで「走れメゴス」をRP@SSK

長野のつよつよ女子にビレイを頼んで、昇仙峡に行って来ました。
KNのさん、ありがとう。

1日快晴だったけど冷え込みが厳しく、道路の水溜まりがスケートリンクになっていました。
岩場はもちろん、誰もいません(笑)

アップを兼ねてまず1便目。
そう、このエリアの辛いところは、これより易しい課題がないところ(^^;
冷たくて、手足の感覚がありません。
いつもの核心で、すぱーん、と落ちました。
しかし今日の私は穴あきポイントすべてにテーピングをしているので恐るるに足らず。まだ無傷です。
指も冷えきっているので降りて、KNのさんに手伝ってもらいながら裏に回って終了点を作りました。
懸垂で降りながらカムを回収してロープを抜いたら、
「なんでロープ抜くの?練習すればいいのに~」
いやまあ、ムーブは決まってるの。つなげるだけなので。

クラック仲間のいない私を、MY本さんが昇仙峡に誘ってくれたのは3ヶ月前のことです。

センチュリーのアップ課題ですよと案内してくれたメゴスは苦手なフィンガーでした。
そのころ、フィンガーは離陸することも出来なかった。
明らかにオーバーグレードだったけど、フィンガーのコツを勉強するのが楽しくて通い続けた。

フィンガージャムの順手、逆手
足ジャムの決め方
ムーブのバランス
カムセットの位置
テーピング

毎回午前中のアップで2便くらいやらせてもらって、アドバイスをもらったり悩んだり。
ひとつずつ解決して、
ムーブを作って、
もう、登るだけだった。
今日、3便目でRPしました。

登れてよかった。
走れメゴス 10d~11a/bくらい

確かに面白いけど、この短い課題のためにもう1日は来ないかなあ(笑)
つよつよ女子は笑いながらさっくりトップアウトしていきました。
ほんとに、オオルリより短くて、下地さえ良ければハイボールな課題なんだけど、
これに取り組んだこと、登れたこと、自分にはとても意味があって 嬉しかった。

クラック一年生の私には、今年やった全てが勉強だったけど、
中でも馴染めなくて苦しんだのがカムセットとフィンガージャムです。
どちらも3ヶ月前は習得できる自信が持てませんでした。
カムセットは石田塾のクラック講習に3回通って卒業し、自分のクライミングの中で落ちる経験を経て少し慣れました。
フィンガーは、この課題に沢山教えてもらいました。
未だにグレードがよくわからないんだけど(笑)
来年は、フィンガーも自分でカムをぶら下げて向きあえたらいいな、と思います。
フィンガー修行、一年目は一区切り。

早めに解散して、鈍行電車に乗って
お祝いのメッセージを繰り返し眺めて
うつらうつらしながら帰りました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status